カージナルテトラが泳ぐ南米現地再現レイアウトの制作動画

DAS BIOTOP-AQUARIUM (Workshop)

現地の水中を再現するレイアウト

ドイツのaqua-media.tvによる現地再現レイアウトの制作動画です。 制作シーンが始まる前に、ダイジェスト式に複数のレイアウトが流れますが、そこから既に素晴らしいです。 激しい流れの中に生息する大型のプレコや、大型の水草が植え込まれたレイアウトを悠然と泳ぐ夢のスネークヘッド、チャンナ・バルカ(旧チャンナ・アンフィベウス)channa barca(サムネイルのスネークヘッド)の水槽など、もっとじっくりと見たくなるような現地の水中再現レイアウトが複数映し出されます。

その後の実際の現地映像は感動する程美しいです。 無数のドラドの仲間である Salminus affinis が泳ぎ回る極めて透明度の高い水中映像から始まり、フェスティバムMesonauta festivusの大群に、中型カラシンの群れ、ブラック・コロソマColossoma macropomum やパイクシクリッド等、貴重な現地の水中映像が流れます。 更に、かなり濃いブラックウォーターの水中映像もあり、真っ赤な水の中に群れるアルタムエンゼル Pterophyllum altum の姿も映し出されます。 しかし、残念なことにこれらもダイジェスト的に紹介されるだけであまり長い時間じっくりと見ることはできません。貴重な映像なのでもっと長い時間見ていたくなります。

そして後半はカージナルテトラの泳ぐ現地を再現した水槽の制作行程が紹介されます。流木をバラまくように置いた無造作なレイアウトに、細かい砂を流し込み、そこに大量のマジックリーフを鏤めた、極めてシンプルなレイアウトです。水草もエキノドルス・テネルスのような小さいロゼット型の水草をランダムに植え込んでいるだけです。 しかし、完成したレイアウトは現地の水中を彷彿とさせる素晴らしいもので、ネイチャーアクアリウムとはまた違った魅力が詰まっています。 出来るならば、完成したレイアウトをもっと長く映して欲しかったですが、現地再現レイアウトにはとても参考になる動画です。

アクリム:松端秀明

YouTube紹介一覧に戻る