AQURIM CONTENTS MENU

Youtubeで見れる現地の参考動画紹介

South America

南米は熱帯魚の聖地であり、ワイルドアクアリウムのテーマとして最もやりがいのある地域の1つです。ペルーからブラジルを中心に、アマゾナス川、トカンティンス川、アラグアイア川、シングー川、イリリ川、タパジョス川、グアポレ川、マディラ川、プルス川、ジャプラ川、ネグロ川などのアマゾン水系(アマゾン川)は非常に広いエリアで、様々な環境が存在します。アマゾン水系以外にもコロンビア、ベネズエラを流れるオリノコ川(オリノコ川は上流でアマゾナス川とカシキアレ水路で繋がっているため、アマゾン水系とする説もあります)。ガイアナを流れるエキセポ川。スリナムを流れるコーランタイン川、コッペナーメ川、スリナム川、マロウェイネ川。フレンチギアナ(フランス領ギアナ)を流れるオイヤポック川。ブラジル東部を流れるサンフランシスコ川。アルゼンチンを流れるパラナ川。ウルグアイを流れるウルグアイ川。それに、ブラジル南部のマットグロッソからパラグアイ、ボリビアにかけて広がる大湿原パンタナルなど、バラエティに跳んだ非常に面白いエリアです。

Brasil [Rio Negro]

アマゾン川最大の支流ネグロ川。大量の落ち葉や流木による殺菌高価のあるフミン酸が溶け込んだ水は琥珀色のブラックウォーターで、Ph4.0~Ph5.0と酸性寄りの場所が多いのも特徴です。ネグロ・アルタム・エンゼルやレッドベリー・オスカー、ネグロブラック・ピラニア、ヘロス・セベルス、ヘロス・ノッタータス、アピストグラマ・エリザベサエ、アピストグラマ・ロートカイル、トゥッカーノ・テトラ、カーディナル・テトラ、コリドラス・アドルフォイ、ブラック・アロワナなど、スター魚が沢山生息していることでも有名です。

Brasil [Rio Xingu]

ブラジル南部のマットグロッソ高原からアマゾン川の河口近くまで流れるアマゾン川の支流。激しい激流や急流になっているところが多いのが特徴で、魅力的なプレコの名産地として知られています。パクーやツクナレ(アイスポット・シクリッド)、珍しいところだと底物シクリッドのレトロクルスやテレオキクラも有名です。

Suriname

南米大陸の北東にあるスリナム。スリナムからはあまり熱帯魚が輸入されませんが、魅力的な魚が多く生息しています。輸入が少ないので希少価値があり高価な魚が多い印象です。

Asia

アジアには熱帯から温帯まで様々な気候が存在し、環境もかなり違ってくるので、組み合わせによっては一緒に飼育するのが難しいものもあります。大きくエリア分けすると6つくらいに分けられそうです。1つめはインド、スリランカ、ネパール、バングラデッィッシュ辺りまでの南アジア。2つめはミャンマー、タイ、ラオス、ベトナム、カンボジア辺りの東南アジアの北側。3つめはマレー半島から、インドネシアのスマトラ島、カリマンタン島(ボルネオ島)、スンダ列島などの東南アジア南側の島々。4つめは中国、朝鮮半島、台湾、日本列島などの東アジア。5つ目は中国北部からロシアにかけての北アジア。そして生物の分布境界線であるウォレス線とウェーバー線に挟まれた極めて特殊なスラウェシ島(セレベス島)とその周辺。
スラウェシ島以外、どの地域もコイ科やドジョウ科の魚が繁栄していて、数え切れない程の大小様々な種類が生息しています。東南アジアにはベタやグーラミィなどのアナバス亜目の魚やタイワンドジョウ亜目(スネークヘッド)も豊富で人気の高いグループです。

南アジア [China, Taiwan, Korea, Japan]

日本や朝鮮半島、中国、台湾付近の魚は、日本人にとっては馴染みの深い魚が居る地域なので、他の地域とは違った意味での楽しみがあります。熱帯魚のような派手さはないものの、渋みのある深い色合いの魚が多く、タナゴの仲間のような他には居ない魅力的なグループも生息していますし、飼育難易度は高めですが、南半球には居ないサケ科の魚であるイワナやアマゴなどの渓流魚も魅力的です。日本の魚なら自身で採集して飼育することも比較的容易ですから、そういった楽しみ方も魅力の1つでしょう。

ワイルドアクアリウム トップへ