2017.07.17

ゴリアテの記事

夏

みなさまお元気でしょうか?ゴリアテです!

もう暑いですねー。梅雨も明けてないのですが(7月17日現在)東京はあまり雨降らないですね。ここ東京は連日最高気温は30度超えてますねー。
そろそろ本格的な夏がやってきますよ!私は個人的に東京の夏が得意ではありません。汗もかくし虫も増えるしなんか、湿度が高くて外に出ると「うわああ」って感じです。
アクアリストにとっても夏はひとつの山ですね。それはなぜかというと水温問題です。

以前にも言いましたが
「『読んで字の如し』熱帯魚っていうくらいうだから多少水温高くても大丈夫でしょう。だって南米やアフリカは日本の夏より暑いでしょう??」って思ってる方はいませんか?
我が家には猫がいるのでエアコンを常時稼働させている部屋があるんですけど、エアコンなしの部屋もあります。そこに置いてある水槽は90センチ水槽と30センチの水槽、こないだ見たらもうすでに30度超えてました!

これはマズイと思い、風を送ることにしました。
風を送るってそんな方法で水温下がるの??と思いますが、これは気化熱というのを利用します。(『気化熱』詳しくはネットで調べてください!!笑)

30センチの方には以前買った水槽用の送風機、90センチにはなんと普通に人間が使用するサーキュレーター(小さいやつ)を設置して風を送っています。

飛び出し防止のためフタもしてるんですけどそれも一部網のフタに変えました。その上にサーキュレーターですよ!
「効果はいかに!?」という感じで毎日観察していますが気化熱ってすごいですね!徐々に(数時間かけて)下がってきました。さすがに水も気化して減りますので足し水しつつ。比較的サイズの小さいサーキュレーターですが、最低風量の静音という静かな風量、あとヒーターも併用で1日経てばちょうど27度くらいになってました。

これが正解なのかダメなのか、専門家ではないので分からないですけど水温は安定してます。今年はわたくし、これで夏を乗り切ろうと思います!

もちろん自己責任ですが魚の環境を考慮して、自分で色々試してみるってのもアクアリストの楽しみ方の一つですね!

アクリム:ゴリアテ飯田

シリーズ一覧に戻る