TANGANYIKA SECRETS
TANGANYIKA SECRETS

TANGANYIKA SECRETS

タイトル TANGANYIKA SECRETS
出版社 CICHLID PRESS
著者他
著者 Ad Konings
発行
No. ISBN 3-928457-09-8
本体価格 -
形状 ハードカバー
サイズ 27.4mm x 20.3mm
ページ数 207ページ(カラー/モノクロ混合)

全て英語で書かれたタンガニーカ湖の解説書

タンガニーカ湖は、タンザニア西端にある淡水湖で、南北に細長くのびています。 アクアリストにとってはマラウイ湖、ヴィクトリア湖に並ぶアフリカン・シクリッドの宝庫としても有名ですね。
この本は、ドイツの出版社CICHLID PRESSから発行されているタンガニーカ湖のシクリッドの書籍です。 シクリッドに関する書籍を多数発行しており、著者のAd Koningsは数多くのアフリカン・シクリッドの書籍を執筆しています。
ドイツ語版ではなく英語版なので、日本人にとってはドイツ語よりは読みやすいですが、詳しいことを読解するのは難しいです。 しかし、素晴らしいアフリカンシクリッドの写真が大量に紹介されているので、タンガニーカ湖のシクリッドの魅力が伝わり、非常に見応えがあります。 そもそも、タンガニーカ湖のことを紹介した日本語の本はかなり少ないので、この手の洋書は情報源としてありがたいものです。

美しいタンガニーカ湖の水景と魚たち

魚の写真を眺めていると、他の淡水魚とは少し違った独特の鮮やかな色合いをしていることに気づきます。 顔つきも独特です。この本では魚たちの歯の形状にもフォーカスを当てていて、歯のアップ写真が何枚も紹介されています。
アフリカンシクリッドにはマウスブルーダーが多く、親の魚が稚魚を育てている様子や、まさに口から稚魚が出てきている様子など、見応えのある写真がたくさん載っています。

地形のイラストも交えて説明

所々に地形のイラストと場所の説明があり、現地のリアル感たっぷりで楽しめます。 何より嬉しいのは所々に紹介されている現地の水景です。 水草のあまり生えないタンガニーカ湖の現地状況を知ることは、アクアリウムのレイアウトの参考としてとてもありがたいです。 少しだけですが、シノドンティスやメダカの仲間、湖に生息するワニや貝など、シクリッド以外の生き物も紹介されています。 タンガニーカ湖の魚に興味があるアクアリストにとっても見応えがあり、とても満足感のある一冊だと言えるでしょう。
最後に学名のインデックスがあり、学名でも調べることができます。 上級者向けではありますが、英語の解説書で書籍自体がカッコイイです。アクアリウム関連の本棚に並べたくなりますね。

アクリム:松端秀明

CONTENTS

  • Preface
  • The lake
  • The fishes
  • Feeding strategies
  • The utilisation of available space
  • Breeding strategies
  • Evolution of the lake and its cichlids
  • DNA sequencing and cichlid speciation
  • References
  • Index
種別解説書一覧に戻る