月刊アクアライフ 1999年3月号 No.236
月刊アクアライフ 1999年3月号 No.236

月刊アクアライフ 1999年3月号 No.236

タイトル 月刊アクアライフ 1999年3月号 No.236
出版社 マリン企画
発行
No. -
本体価格 848円
形状 雑誌
サイズ 29.4mm x 20.8mm (A4)
ページ数 216ページ(カラー/モノクロ混合)

ネイチャーアクアリウムブーム初期の水草レイアウト特集

2000年代から一気にブームとなった天野 尚さんが提唱するネイチャーアクアリウムが広まる直前の水草レイアウト特集です。 その特集名の通り「あ、いいな」と思ったら水草水槽も作ってみましょうという趣旨の特集です。

15種類のテイストの違う水草レイアウト水槽が紹介されていますが、この頃はまだジオラマ的要素は無く、流木や石を使った構図などではなくて水草メインでレイアウトされています。 冒頭ではプロがテーマごとのレイアウトを紹介し、その解説が入っています。 解説は天野さんを始め、吉野 敏さん、志藤 範行さん等、そうそうたるメンバーが執筆しています。 特集後半では出版社の新入社員のレイアウト奮闘記があり、制作開始から1ヶ月後までの様子が紹介されていて古い情報ですがなかなか参考になるし面白いです。

底砂の解説

特集も面白いのですが、小特集の「底砂のことをもっと知ろう」というコーナーが内容的にも珍しくて面白いです。 底砂の基本的な話の他に、当時販売していた各メーカーから出ているソイルや砂利、珪砂などをそれぞれの特徴を解説しています。 今はあまり見なくなった商品もあってなかなか見応えがあります。 後半ではほんの少しですが、現地の川底の砂の状況が紹介されていて、貴重です。

ネオンドワーフレインボーの入荷初期のお話

この号から復活した「1種徹底飼育講座」も見どころです。
復活ということで「第1回」と番号が振られていますが、この回ではネオンドワーフレインボー Melanotaenia praecox が紹介されています。 飼育方法はもちろん解説されているのですが、面白いのは「ネオンドワーフレインボーはこうして発見された!」という神畑重三氏とハイコ・ブレハー氏が1993年にニューギニアで発見したときのエピソード。さらに名ブリーダーである飯塚泰二氏による、ネオンドワーフレインボーが日本初上陸時に入荷してすぐに繁殖に成功させたときの繁殖秘話が載っていてとても興味深いですよ。

ネグロ川の現地の状況

そしてこの号で最も読み応えがあるのが「ナマズたちの楽園・アマゾン 3」。 ネグロ川上流の町サンガブリエルを中心に、パンタナルとチオトニオの現地の状況とその場で採集した魚が紹介されています。 コリドラスやアピストグラマやバンブルビーキャットなどが採れてる様子が現地の様子と共にカラー写真付きで紹介されていて、とても参考になります。

アクリム:松端秀明

CONTENTS

  • 特集 水草レイアウト集 〜あったらいいな、キレイな水景〜
    • 水草レイアウト紹介
    • 新人イトウによる水草水槽セッティング奮闘記
    • 水草Keepers Room
    • 水草レイアウトについて
    • 水草レイアウトQ&A
    • ベターな光を当てましょう
    • 必読! 水草底床マニュアル
  • 底砂のことをもっとよく知ろう
  • ナマズの楽園 アマゾン3 ネグロの聖地 サン・ガブリエル
  • 外部式フィルター
  • 復活・1種類徹底飼育講座
  • Yellow-Band Angel Fish じっくり飼いたいマクロスス
  • 龍魚 〜アジアコレクション〜
  • GREEN ATLAS 〜水草コレクション〜
  • 水草クリニック
  • Question&Answer
  • AQUA FEATURE
  • TERRA FEATURE
  • 新グッピー交配の秘密 ドイツレオパード
  • Guppy Basic Collection
  • Guppy Breeders インタビュー
  • ショップレビュー
  • インフォメーション
  • コリコリパズル
  • AQUA MAIL BOX
  • カラーイラストギャラリー
  • アクアグッズプレゼント情報
  • Keeper's Station
  • Reptiles & Amphibians Gallery
  • MICROSCOPE
  • 松坂 實のAMAZONIA III
  • FROM EDITORS
  • ハローAquarist
  • MARINE FEATURE
  • MARINE! SIMULATION/li>
  • MARINE REVIEW
月刊アクアライフ一覧に戻る